牡蠣との遭遇

Share on Facebook
LINEで送る

image1_5.JPG image2_4.JPG

おいさん
「あんたはどっかい来たとね?」
牡蠣
「・・・」
おいさん
「ほ〜!北海道かいわざわざ宮崎までね!!端っこかい端っこやがねそら!」
牡蠣
「・・・」
おいさん
「してあんたはブリーーっつしちょるが、やっぱあん大自然で育っちょっかい、味もぶりんぶりんやっちゃろねー!」
牡蠣
「・・・」
おいさん
「あんたが宮崎までわざわざ来てくれたっちゃかい、心配せんでんみーんなも来てくれるが!
あれん時はおいが70個ぜーんぶ食うちゃるけん心配せんでよかよ!
してあんたはずーっと黙っちょっけどあんたかいも一言みんなに言うてやんないよ!」
牡蠣
「今日はハイボールじゃナイトです!美味しい美味しい超炭酸ハイボールが2杯にポテトで税込500円!!来てねーー!」
おいさん
「はーーー、あんたは自分のこつより人んこつを言うてなんち優しか心を持った牡蠣じゃろかいね、まーー関心したがおいは!
したらあんたどんを食べて飲んだいすっとみーんなが笑顔になるっちゅうこっでいいがね!もうちょっと疲れたとおいも!」
牡蠣
「・・・」